ハレクイスパロマ

ロマンスといえばハーレクインシリーズ、その中でもハーレクイン・スーパー・ロマンスのお勧めばかり集めて一人ほくそえむ・・・。
PR情報
エクステエクステンション(エクステ)販売 extena:つけ心地の軽い髪質を追求するサロンのための超音波エクステンション-extena-

やさしい狼 (新書)

内容(「BOOK」データベースより)
渾身の力をこめてリーラは男の横っ面を引っぱたいた。「出ていって。二度とわたしの前に現れないで!」「あとで後悔するなよ」そう捨て台詞を吐いて男が出ていこうとしたところへ、ちょうどウィンがやってきた。ヘルスクラブのインストラクター、リーラとジャーナリスト、ウィン。ふたりはウィンがクラブに取材しに来て以来のつきあいだ。「あの男、このあいだのパーティーのときもきみを困らせていたね」「つまらないことよ。忘れましょう」「いや。きみは十年前、写真家のあの男に発掘されてモデルになった。彼専属のモデルで同棲もしていた。そして売れだしたとたん、きみは突然ニョーヨークから姿を消した。なぜなんだい?」「どうして…どうしてそんなことまで知っているの?調べたのね!」「きみを愛しているから…いったいあいつとなにがあったんだ?」“さんざん利用されて、やせるために多食嘔吐症にまでなったのよ”でも、リーラは言えなかった。過去はあまりにもみじめすぎる…。

秘密の一族 (新書)

内容(「BOOK」データベースより)
彼女は、クリスマス・ジェーン・ドウ―略してシージェイと呼ばれている。二十六年前のクリスマスの朝、赤ん坊の彼女は、ワトソン家の戸口に置き去りにされていた。ワトソン家で育てられ、美しい娘に成長した現在も、誰が彼女を産み、誰が捨てたのかは、依然としてわからない。当時、町始まって以来の大スキャンダルだったが、彼女を巡る謎は今また新たな影を落とすことになる。最近、町の資産家ヴィクトリア・タウンゼンドがシージェイに広大な土地を遺して亡くなった。いったいなぜ彼女に?遺族は、遺産を放棄させようと躍起だ。そして、その訴訟を担当するニューヨーク帰りの魅力的な弁護士が、事態をさらに複雑にする…。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)
ウォレン,リンダ
テキサスに生まれ育つ。看護婦になるのが夢だったが、在学中にリューマチ様関節炎にかかり断念。その後美術の勉強をし画家として成功するが、テレビン油で目を痛め、油絵からも離れざるを得なくなる。そして物語を書きはじめた。『秘密の一族』は彼女のデビュー作で、最も気に入っている作品でもあるという。現在、次々と新作を執筆している(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

ぬくもりを再び―2000年には:再会を (新書)

内容(「BOOK」データベースより)
ジョーは警官の仕事にすべてをかけてきた。孤独なジョーには、警官としての誇り以外何もない。彼が、命ともいうべき警官のバッジを奪われる窮地に陥った。優秀な弁護士が必要だ。しかも、彼がいかに誠実な警官かを知っている弁護士が。ジョーは別れた妻マギーに弁護を依頼した。マギーはもちろん優秀な弁護士だ。依頼され、引き受けた仕事は完璧にやりとげる。だがマギーは、ジョーと再び会うのはつらかった。離婚から七年。ようやく新しい人生が開きかけている。とても優しい婚約者とその娘とで、新しい家庭を築くところだ。ジョーに再会して、いまだにどれほど心が揺さぶられようと、彼と再び恋に落ちることなど、決して許されない。

エデンの北 (新書)

内容(「BOOK」データベースより)
「何をしたって、あなたのしたことの埋め合わせになるものですか!」義母になるはずだった女性のそしり声を背に、ランディは連邦保安官ザックを伴い、冬山へと向かった。護送中に脱走した凶悪犯を追ってきたというザックは、親友を撃たれ、犯人を逮捕すること以外頭にない。ガイドがいないならひとりででも登るという彼をそうもさせられず、三年前までベテランガイドだった彼女が同行することになったのだが、実はランディには暗所恐怖症、ザックには高所恐怖症という弱点があった。しかも、何日かかるかわからない追跡行の果てには、銃を持った凶悪犯との対決が待っているのだ。だがランディは心を奮い立たせ、立ちはだかるマウント・ホープへと登っていった。三年前恋人を失った、あの魔の山へと…。

内容(「MARC」データベースより)
3年前までベテランガイドだったランディは、連邦保安官ザックと共に脱走犯を追って冬山へ向った。山で恋人を失ったランディと、親友を撃たれ犯人を逮捕することしか頭にないザック。何日もの追跡行の果てに待っていたのは銃を持った犯人との対決だった。

天使の顔をもつ女 (新書)

内容(「BOOK」データベースより)
「すみません、よそ見をしてしまって」伯父が経営する銀行の定例祝賀会にもぐりこんだスティーブは、わざとぶつかって相手の注意を引いた。最近昇進したばかりだという幹部候補生のマーマだ。“こんなうら若い女性が本当に伯父の愛人なんだろうか?”彼は伯父からマーマに遺産の一部を贈ると打ち明けられていた。霊媒に関する告発記事で賞をとったジャーナリスト、スティーブは、記者特有の本能で疑念を抱いた。たとえ愛人関係ではないにせよ、なにか裏があるはずだ。しかしそんな疑惑とは裏腹に、彼はマーマに惹かれてしまう。その翌日、伯父の孫が誘拐される事件が起こり、なんと伯父はマーマの超能力に助けを求めた。“あのマーマが超能力者だって!”スティーブはますます彼女の正体がわからなくなった。

愛のカルテ (新書)

内容(「BOOK」データベースより)
「ぼくが弟さんを死に追いやってと考えているんだね?」落ち着いた口調でたずねる海軍の精神科医デイビッドを見返してクリスは思わずつばをのんだ。“そうよ、あなたが弟を殺したのよ”半年前、潜水艦の乗組員だったクリスの弟が自殺した。精神的に潜水艦勤務には向いていないのに、弟の適性テストを担当した彼が勤続続行の許可を与えたのだ。クリスはデイビッドを告発しようと思った。だが、彼は彼女が想像していたような冷酷な軍医ではなく、海の似合う、美しい目をした男性だった。しかも彼は弟と親しかったはずなのに覚えてさえいないと言う。ふたりで調査を進めるうちにクリスの気持は揺らいでいった。

危険な火遊び (新書)

内容(「BOOK」データベースより)
「デニーは健康で正常な子供です」放火癖のある青少年のための教育を進めている消防士ジェブに、リザはきっぱりと言った。昼間はピアノの調律師、夜はナイトクラブでピアノを弾くリザは、私生児の5歳の息子とふたり、両親とも絶縁状態で暮らしている。忙しくてなかなか息子をかまってやれない毎日だ。父親のいない家庭のハンデも痛いほど感じている。「息子がぼやを起こしたのは事実です。でも単なる好奇心からだわ。父親のいる子にだってあり得ることでしょう?」だが、家庭環境に問題の原因があると見たらしいジェブは、それ以来なにかとリザの生活に立ち入ってきた。小さなデニーも彼を気に入ったらしく、しだいになついていく。彼がハンサムで誠実で気さくな人なのは認めるわ。でも…。恋もなにもかも犠牲にして築いてきた生活を乱されたくない。リザは自分の心の中でうごめく欲望の力を恐れた。

遺跡にかかる虹 (新書)

内容(「BOOK」データベースより)
「この壷は偽物だ」ロビンの店にふらりと入ってきた男がいきなり言った。「えっ?いったいなんのこと…」ここサンタフェでロビンが写真店を開いて一年になる。彼が指さしているのは、彼女がインディアンの村に行ったとき、そこで壷を焼いていた職人から借りて撮影した写真だ。アダムと名乗るのその考古学者は、その壷が古代の壷の贋作だと言うのだ。「贋作を作るのは犯罪なんだ。ぼくと一緒にこの壷を作った職人を捜しに行ってほしい」彫りの深い顔だちに神秘的な雰囲気を漂わせた、アパッチインディアンの血を引くアダムに惹かれるまま、ロビンは事件に介入していく。だが、彼女の周囲には次々と犯人からの警告が―。

秘密の一族 (新書)

内容(「BOOK」データベースより)
彼女は、クリスマス・ジェーン・ドウ―略してシージェイと呼ばれている。二十六年前のクリスマスの朝、赤ん坊の彼女は、ワトソン家の戸口に置き去りにされていた。ワトソン家で育てられ、美しい娘に成長した現在も、誰が彼女を産み、誰が捨てたのかは、依然としてわからない。当時、町始まって以来の大スキャンダルだったが、彼女を巡る謎は今また新たな影を落とすことになる。最近、町の資産家ヴィクトリア・タウンゼンドがシージェイに広大な土地を遺して亡くなった。いったいなぜ彼女に?遺族は、遺産を放棄させようと躍起だ。そして、その訴訟を担当するニューヨーク帰りの魅力的な弁護士が、事態をさらに複雑にする…。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)
ウォレン,リンダ
テキサスに生まれ育つ。看護婦になるのが夢だったが、在学中にリューマチ様関節炎にかかり断念。その後美術の勉強をし画家として成功するが、テレビン油で目を痛め、油絵からも離れざるを得なくなる。そして物語を書きはじめた。『秘密の一族』は彼女のデビュー作で、最も気に入っている作品でもあるという。現在、次々と新作を執筆している(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

永遠のシェルター (新書)

内容(「BOOK」データベースより)
別れた夫サムが、十年ぶりにシェルター・バリーに戻ってきた。心に深い傷を負った七歳の娘を連れて。サムに助けを求められ、キャシーの心は複雑な思いに揺れた。ふたりが別れたのは、彼が女性問題を起こし町を出ていったからだ。しかしキャシーには、なぜサムがそんな行動をとったのか、本当の理由がいまだに理解できない。彼を許してはいないが、マライアをほうってもおけず、キャシーはペットセラピーで彼女の治療を始めることにした。協力的なキャシーの姿に、サムは全幅の信頼を寄せる。だが、キャシーの心の裏側に、彼らふたりの胸を切り裂くような秘密が隠されていることを。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)
クイン,タラ・T.
アメリカではベストセラーリストに名が載る人気作家。日本でも近年人気が急上昇している。オハイオ州の生まれで、七歳のころから物語を書き出したという。ヴァイオレット・ウィンズピアの大ファンだった。十六歳からは地方紙に書き始め、大学卒業後、高校教師をつとめながら雑誌にも寄稿。プロデビューは1993年スーパーロマンスから。このデビュー作がRITA賞最終候補に残り、一躍シリーズのトップ作家の一人となった。現在、夫、十代の娘とアリゾナ州に在住(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

{鶯谷・うぐいすだに} {ハロー!江東区!} {幼児・子供用 新型インフルエンザ マスク} {アキバ中毒のページ} {電子たばこ} {台東紀行} {GOGO!江戸川区!} {高収入バイト情報} {墨田区紀行} {東京ぶらぶら} {鶯谷情報ナビゲーション!「鶯谷のコト」} {台東クラブ} {日暮里 鶯谷 上野 ニュース} {美容外科} {千葉の印刷なら千代田印刷} {横浜関内リラクゼーションサロンDIO}

ooo夏はプールだ千葉特集ooo 千葉の事。ooo キャンプに行ってみよう!@千葉ooo 風呂の事ooo ファッション.コレクションooo おもちゃ、ホビー.コレクションooo 「TaEco」(タエコ)ooo ビジネス.コレクションooo パチスロ必勝!in千葉市ooo 山手線エリア~銭湯~ooo 川は生きているooo 千葉文化ぶんか!ooo A&Dooo ちばパラ!千葉県のイベント情報満載中!!ooo 葛飾区を知れ!ooo リネージュIIクロニクル2ooo 千葉特産!農業!林業!水産!民芸!工芸!加工食品!郷土料理!ooo 美容.コレクションooo アイスが食べたいお年頃@千葉ooo アキバ中毒のページooo